依存の危険性5点!!

こんにちは!

「Dさんぽ」です^^

Dさんぽ【起業を目指す※新米ブロガー】 (@DJ86607644) | Twitter

 

いきなりですが、なにかに依存したことはありませんか?

僕のブログでは以前、ネットゲームの依存症について記事出しましたが、今回は依存症による衣生活の影響について危険な点を5つ話したいと思います。

 過去記事を張り付けておきます。まだ未完なので今後も更新をしたいと思います(汗)

dj-park.shop

 

 

dj-park.shop

 ネットゲームだけではなく、依存症には様々なものがあります。

「お酒」「たばこ」「薬物」などの使用するものもあれば、「恋愛」などの目に見えないものもあります。

僕も上記それらに該当する依存を持っていましたので、『依存症=病気』あるいは病気に近いものだと考えたので、記事にしようと思いました。

僕の記事はあまり、本を読んでいないので個人の見解が多いので、読んだ方には別な見解もあるかと思います。様々な意見を参考にしてより記事の内容を濃くしていきたいなと思います。

 依存の危険性5点

1.自身のやるべきことに身が入らなくなる

これは本来の自分がやるべきことやらなくてはならないことができなくなるということです。

ゲームなんかもそうですが、何時までと決めていてもついつい延長してしまうことありませんか?

時間を管理できている人は依存してないことが多いですが、管理できずゲームを引き続き続行してしまう人は危険です。すでに依存の傾向があるでしょう。

本来の目的を後回しにしてしまうと今後の実生活に影響が出るのは100%間違いないので、ヤバいなと思ったら明日は1日中やらないなどばっさり割りきる事も大切です。

 

2.人間関係が上手くいかない

 自分では意識していないかもしれませんが、性格がきつくなる傾向があるようです。

アルコール依存症や薬物依存などの直接的に脳に刺激があるものではなく、恋愛依存やゲーム依存などもそういった傾向が現れます。

これは対象のものがない・できないといった不安から生じるものです。

そうなると今まで友好的だった人間関係も崩壊しかねません。

長期的に付き合っていくなら人間関係のほうが大事です。

性格は自分ではわかりません、ただ昔はこんなんじゃなかったと思うのであれば、メンタルヘルス受けるなり必要になるでしょう。

 

3.散財しやすい

たとえば恋愛しているなら「あの人のためにブランドの○○を買おう」「何でもしてあげよう」とか思っていませんか。

『相手が幸せなら自分も幸せ』と思う方もいるかもしれませんが、自分自身貧乏になることで本当に相手は幸せになりますか?

幸せとはやはり感じるものなので、必ずしも高級なものや大金が動くもので幸せに感じるというものではありません。それは自己満足したいだけです。

相手が、自分の振る舞いなどの優しさで幸せを感じないのであれば、相手は恋愛してないでしょう。

ネットゲームの課金もそうです。10連3,000円は本当に安いのでしょうか?

3,000円あれば数日分の食生活にも使えます。

課金が悪だとは思いませんが、月々の上限を設けるかスッパリ課金するものをやめてみるのも大切です。

 

4.体に影響がおきる

依存すると精神面や身体面での変化が著しくなる。

過度なダイエットや過食症、睡眠時間を確保できないなどといった行動を起こす可能性が高いです。

過去の記事で、ゲーム依存症の会社役員の男性が多忙な仕事を行いつつ、夜は深夜までネットゲームをするという生活を続けた結果、ゲームしたまま死亡していたという話を載せました。

それだけ、何かに依存するとうことは生死のリスクを伴う場合もあります。

自分自身がゲームオーバーになってしまったら、ゲームのように何度もやり直しができません。

 

5.何もかも上手くいかなくなる

1~4の総評です。

人間だれしも将来はこうなりたいと人生設計を簡単でも考えるものです。

ただし、依存してしまうと他のことがどうでもよくなってしまう。

依存によって、うつ病になったり、引きこもりになったりもします。

「仕事や学業には身が入らない」「人間関係も疎遠になる」「貧乏」「体調がよくない」これら全部当てはまる人と関わりたいと思いますか?

関わりたくないですよ。

結果、自分にとって必要な行動ができなくなるから不幸になるんですよね。

そもそも幸せな行動だと思ってる行動が本当に幸せか一回考えた方がいいです。

 

・まとめ

依存症は治療という治療がありませんし、克服したと思っても同じような過ちを起こすケースが多いものです。

特に恋愛などは自身の性格も左右されるでしょう。

 

まず、断捨離をして自分が本当に必要なものを整理してみるのがいいと思います。

今までやったことないことに挑戦してみるなんかもいいかもしれません。

筋トレなんかもいいでしょう。筋トレでうつ病が改善されたケースも読んだり聞いたりしたことがあります。自分に合うかが必要ですがw

新しく始めることが自分のとって稼ぐ力になるもの生きていくために必要になっていくものであればあるほどいいです。

僕のようにブログを始めてみませんか?

副業として考えなくても今後に活かせるものとブログを始めて思いました!

ブログのために身に付けた知識はどこかできっと役に立ちますし、ブログのために情報収集するというのも今の仕事の有効かもしれません。

より収入が増えれば、ネットゲームの課金で破綻することはありません!

結論、自分が変わらないと相手のためにもなりません。5点のうちどれか1つでも該当あれば、自分のために見直しましょう。